【苦手科目の心理障壁をすぐに解消できるイメトレとは】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------
 
 試験勉強、
 調子はいかがですか。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 来週はあのバレンタインデー。
 「あの」としたようにその指示内容は人それぞれ。
 義理チョコから、嬉し恥ずかしの告白チョコまで多彩では。
 もちろん、「受験生には関係ないから」とする向きもあるでしょう。
 
 
 その一方、
 夏の受験シーズンを視野に入れるならば、
 この時期は、ご案内のように基礎や関連の知識を培うことが肝要。
 過去問集の反復解答を通して解答力を支持する基礎力を固める期間ですからね。
 
 そうなのですが、
 苦手科目に取り組むのは難儀。
 そのご心労はコーチングでつとに繰り返し拝聴してきました。
 
 全くもって、どうしたら苦手科目を克服する事ができるのでしょうか。
 もちろん、そうするには基礎や関連の知識を蓄積することが必要。
 苦手科目とは、それらの知識が不足している事が招くこと。
 だから、参考書を読み込み知識の涵養に努める。
 
 
 ですが、「それができれば苦労はしねーよ」がお悩みの根源。
 「苦手科目の参考書を目にするのも何だかヤ」
 「苦手科目の参考書を開くだけでダルイ」
 苦手科目はその様な心理障壁をあなたにもたらす。
 
 それを放置していては、
 苦手科目の克服は大方が不可能。
 苦手科目で合格基準の得点を取れない。
 足切り点を超えられずに不合格になってしまう。
 
 無論、そうした状況は合格を目指すならばどうしても回避したいはず。
 なので、今回は苦手科目に取り組める様になれるイメトレをご案内しましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【苦手科目の心理障壁をすぐに解消できるイメトレとは】
------------------------------------------------------------------------
 
 バレンタインと言えば、
 辛党向けに各種のお酒も店頭に並ぶ昨今ですが、
 何と言っても義理から本命までに用意するチョコレートでしょう。
 
 チョコレートはこれを好む方にとって垂涎の的。
 それを手に入れたい、口にしたいと熱望する対象。
 「あのフレーバーだけでウットリしちゃう」ほどだとか。
 
 
 
 実は、
 そうした大好きなモノを使って、
 苦手科目に関わる心理障壁を解消できるイメトレがあるのですよ。
 
 もちろん、
 これからご紹介するイメトレは、
 大好きなモノであればチョコレートでなくても大丈夫。
 例えば、マグロの大トロなどのお寿司やモンブランなどケーキでも良い。
 
 とは言え、
 そのイメトレを行う時は、
 大好きなモノ、それそのものを使うのではない。
 
 そうではなくて、大好きなモノのイメージを使う。
 ですから、無料で簡単にすぐできるのですよ。
 
 
 
 以下に、苦手科目の心理障壁を解消できるイメトレの手順をご案内します。
 
 1.苦手科目を連想させる小さくボンヤリとした絵を思い浮かべます
 2.1の絵を多い隠す大好きなモノの大きく鮮明な絵を想像します
 3.2の絵を想像しながら、その色合いや香り、味も想像します
 4.2と3とで作った絵の真ん中から1の絵を大きく鮮明に飛び出させます
 5.心の中に思い浮かべた全ての絵を全て消して心の中を真っ白にします
 
 以上、1から5までの手順を3回ほど繰り返します。
 これだけで既に先の心理障壁は解消できます。
 
 加えて、
 苦手科目に取り組む前に、
 ルーティンとして1から5までの繰り返しを数回行う。
 すると、悩ましかった苦手科目の勉強にやる気さえ覚えられます。
 
 苦手科目をチョコレートのように垂涎の的にすることもできるのですよ。
 なるほど、「それができれば苦労しない」ですか。
 でも、やってみれば分かります。
 論より証拠といいますよね。
 
 なるほど、「実は一人でやるのが苦手なの」も本音の1つでしょう。
 だから、コーチングではイメトレのリードもご提供しているんですよ。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】あなたは、なぜ今好きになるようにしないの?
------------------------------------------------------------------------
 
 今回のイメトレ、
 つまり心理技法はNLP技法の1つでした。
 
 NLPとは、
 神経言語プログラミングの英語表記の頭文字で、
 手短に言えば有用な脳の使い方、イメトレ(イメージトレーニング)です。
 
 NLPの技法は、
 今回の様な苦手意識の解消から、
 トラウマや恐怖症の治療法までに幅広く対応できます。
 
 実際、僕自身も、自分自身にNLP技法を使ってきました。
 苦手なモノを克服したり、仕事のモチベーションを高めたりする為に。
 また、過去のネガな体験を解消する為にもNLPを使ってきました。
 
 
 過去のネガな体験は、思い出すだけでネガな気分を誘発します。
 他方、「10年もすれば笑えるようになるよ」と周りの人は勝手を言います。
 
 対して、NLPの師匠であるバンドラー先生はこう言いました。
 「10年も待たないで、なぜ今笑えるようにしないの」と。
 僕は、師匠のその言葉を大いに好みます。
 今そうできれば、長年ネガにならなくて済むのですから。
 
 だから、僕は苦手科目についても同様に思うのです。
 もし、「一年も辛抱すれば苦手でもなくなるさ」と思うのならば、
 「一年も待たないで、なぜ今好きになるようにしないの」と考えるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
 http://kondotetsuo.com/shikakushiken-nlp/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://kondotetsuo.com/

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━